赤いクリップが「家」になった実話

f:id:ikumi1204:20200216222017j:plain

 

こんばんわ。

 

いくみです。

 

 

 

 

 

あなたはたった一つの

 

赤いクリップ

 

物々交換の末

 

最後には家になった話を知っていますか?

 

 

 

 

 

どういう経緯でそうなったかというと

 

 

 

 

 

赤いクリップ

 

 

魚のペンになり

 

 

それがドアノブ

 

 

キャンプストーブ

 

 

発電機

 

 

パーティーセット

 

 

スノーモービル

 

 

ヤークという町への旅行

 

 

 

 

レコーディング契約

 

 

米フェニックスの家の1年間住む権利

 

 

アリス・クーパーと半日一緒にいられる権利

 

 

KISSのスノーグローブ

 

 

ハリウッド映画に主演できる権利

 

 

 

 

そしていよいよ

 

 

 

 

カナダのサスカチュワン州キプリング

 

という町の家

 

 

 

 

 

を手に入れました!!

 

 

 

 

 

彼は家にたどり着くまでに

 

 

ちょうど1年かかったらしいです

 

 

 

 

夢がありますよね!!

 

 

僕もやろうかと思いました笑

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

日本有数の企業である

 

 

 

 

 

ソフトバンク

 

 

 

 

 

も似たような手法で

 

 

あそこまで大きくなりました

 

 

 

 

 

まず行ったのは

 

 

手間やコストがかかるわりに

 

 

儲からない

 

 

ADSL事業です

 

 

 

 

 

誰もやりたがらない事業だったからこそ

 

 

競争会社も少なく

 

 

500万人の加入者を一気に獲得。

 

 

 

 

 

その3年後には、

 

 

固定電話事業者の日本テレコムを買収。

 

 

日本テレコムにも500万人の既存ユーザー

 

 

がいたので

 

 

これで一気に顧客数は倍増させました。

 

 

 

 

 

その2年後、

 

 

これをボーダーフォン日本法人買収

 

 

へとつなげていく。

 

 

 

 

 

 

 

このように

 

 

一つずつスッテプを踏みながら

 

 

大きくしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

どちらにも

 

 

共通しているのは

 

 

目的を設定したことだと思います。

 

 

 

 

 

「家を手に入れるんだ」

 

 

「日本一の企業にするんだ」

 

 

こういう大きな理想があると

 

 

人は行動に起こせます!

 

 

 

 

 

周りが無理だと言っても関係ありません

 

大きな志を持ちましょう

 

 

 

 

今回はこんな感じで!

 

 

最後まで読んでいただき

 

 

ありがとうございました。