ローンについてしっかり理解しよう

f:id:ikumi1204:20200223213007j:plain

 

f:id:ikumi1204:20200223003445j:plain


親「絶対にローンとか

  組んだりしちゃだめだからね。」

 

 

自分「わかった。」

 

 

親「カードローンとかクレジットカードとか

  絶対使っちゃだめだからね。」

 

 

自分「わかってるよ。」

 

 

ネット『自己投資で、50万ローン組んだけど

半年でその倍は稼げたぜ!!』

 

 

自分「(どっちを信じたらいいんだよ。)」

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、いくみです。

 

 

 

 

 

僕くらいの親世代の方たちって

 

基本的にローンとか借金とかが

 

めちゃくちゃ嫌いです。

 

 

 

 

 

だから、上のような会話は

 

僕自身、何百回としてきました。

 

 

 

「ローンダメ。」

 

「借金ダメ。」

 

 

 

ただ、それに反して

 

上手くいっている人間は

 

「自己投資の為ならローン組むのもあり。」

 

といっている。

 

 

 

 

 

今回は、その両者のどちらかが

 

正しいのか?

 

 

 

 

お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

  1. 結論:○○なら○○○
  2. 落ちるところまで落ちたら這い上がることが出来ない
  3. 将来、楽に生きるために今を生きろ
  4. 投資先を変えだけ

 

 

結論:◯◯なら◯◯◯

f:id:ikumi1204:20200223174824j:plain



今回の議論。

 

 

 

 

 

結論から述べると

 

「自己投資ならOK!」

 

だと僕は考えてます。

 

 

 

 

 

 

 

というのも

 

今の時代、完全に情報強者が勝つような仕組みなので

 

 

 

どれだけ知っているか?

 

どれだけ正しい努力ができるか?

 

 

 

で、めちゃくちゃ差が開きます。

 

 

 

 

 

知識があるやつが

 

勝てるし

 

知識がないやつが

 

負けるだけ。

 

 

 

 

それが現代なので

 

「どこに自己投資をすればいいのか?」

 

っていうのも知らないと

 

確実に損をして、人生終わります。

 

 

 

 

 

で、別に情報社会っていうのは

 

僕たちが生まれてから言われてきたことじゃなくて

 

親世代から言われてることなんです。

 

 

 

 

 

武力<情報

 

という時代に変わったのは

 

第二次世界大戦後から。

 

 

 

 

 

あの戦争を止めたのが

 

アラン・チューニングという

 

イギリスの数学者でした。

 

 

 

 

 

対戦国のナチス軍最強の暗殺装置を

 

解読し、それで戦況が一気の変わって

 

イギリスの逆転勝利。

 

 

 

 

 

詳しくは調べていただけたらと思うんですが、

 

そこから、

 

 

 

「いや武力よりも

圧倒的に知識・情報のほうが重要じゃね?」

 

 

 

ってなっていったわけです。

 

 

 

 

 

だから、別に親世代も

 

平成や令和ほどではなくとも

 

彼らも意識していたわけです。

 

 

 

 

だからこそ

 

分かってることがあるんです。

 

 

 

 

 

「自己投資をするとか

学びの為にお金を使うことはとても大切。

 

 

ただ、本当に学びになるものを

選ばないと全てが無駄になっちゃんだ。

 

 

だから、確実性のありそうな

普通の学校教育を学びに行かせるし

そっちの方が楽で。」

 

 

 

 

 

そういった考え方なんです。

 

 

 

 

 

その考えも全然納得できる。

 

 

 

 

 

実際、自己投資先が全然わからずに

 

思うがままにお金を使って、

 

ローンを組んでいった友達を見てきました。

 

 

 

 

 

今現在は、返済のために

 

とにかくアルバイトをして生活をしてる。

 

 

 

 

 

新たに学びを得たいけど

 

ローンが残ってるから

 

お金を生み出すことができない。

 

 

 

 

 

それが返せるまでは

 

ずっと労働収入で生活しなきゃいけない。

 

 

 

 

 

      落ちるところまで落ちたら

      這い上がることが出来ない

 

f:id:ikumi1204:20200223182407j:plain

 

で、さっきの例のように

 

ローンを組んだら、それを返済するまで

 

生活がガチガチに縛られます。

 

 

 

 

 

だから、大人になると

 

全然アクティブになれないんですよね。

 

 

 

 

 

だって、大人になれば

 

車や家っていうめちゃくちゃデカい買い物を

 

ローンで買う。

 

 

 

 

 

で、基本的に労働収入しかない状態で

 

そういった買い物をするんで

 

絶対に今の仕事を辞めることが出来なくなる

 

わけなんですよね。

 

 

 

 

 

勝手に入ってくる権利収入的なものが

 

あれば、話は別ですが

 

そんなものを確保する前にローンを

 

組んでしまうと。

 

 

 

 

 

なんかそれって

 

自己投資失敗してね?

 

って思うんですよね。

 

 

 

 

もしかすると

 

 

 

「いまの仕事のために

 

絶対に車が必要だったから」

 

 

 

とか

 

 

 

「家がないと家族が辛いから」

 

 

 

とか考えてるかもしれませんが、

 

それって今じゃなきゃダメなの?

 

って思う。

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ家を買うとか

 

車を買うってのは

 

いつだってできるわけです。

 

 

 

 

 

ローンっていう制度があるから

 

とりあえずは何とか買える。

 

 

 

 

 

それだったら

 

まずはお金を作りだせるスキルを

 

付けていくのが先決だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

だって、落ちるところまで落ちたら

 

這い上がることが出来なくなるので。

 

 

 

 

 

なんで

 

別に将来大きく生活が変わるわけでもない

 

車や家を買うのに

 

 

 

 

 

適切な自己投資をすれば

 

確実に人生大きくかわっていくものに

 

お金を使わないのか?

 

 

 

 

 

少し厳しい言い方をしていますが

 

やっぱりそう思いますよ。

 

 

 

 

 

だって、今後100年時代って言われてるのに

 

これからの長い人生、ほとんどローン地獄で

 

生活を潰すんですか?

 

 

 

 

 

それよりも

 

何も背負っていない若いうちから

 

色んな事にチャレンジしていった方が

 

確実に良いじゃないですか。

 

 

 

 

 

       将来、楽に生きるために

          今を生きろ

 

 

f:id:ikumi1204:20200223191724j:plain

 

で、やっぱりこの考えを

 

誰もが持ってほしいなと思うんですけど

 

 

 

「将来、楽に生きるために今を生きること」

 

 

 

 

 

これがめちゃくちゃ大切です。

 

 

 

 

 

もちろん、その延長戦上で夢を叶えるっていう

 

ゴールがあるわけですが、

 

よくよく想像してほしいんですけど

 

「夢を叶えた状態って自由じゃないじゃないですか?」

 

 

 

 

 

 

あなたが、もし

 

本当に叶えたい夢が叶った場合、

 

時間やお金に縛られた生活をしていますか?

 

 

 

 

 

してないですよね。

 

 

 

 

 

 

僕の夢としては世界に飛び出して

 

サッカーで世界一になることなんですが

 

その状態って絶対時間にもお金にも

 

困ってないんですよ。

 

 

 

 

 

やっぱり、将来、楽に生きるために

 

いまを生きる。

 

 

 

 

 

いま自己投資する。

 

いま働いていく。

 

 

 

 

 

これを目指さないとだめです。

 

 

 

 

 

一生、労働収入で生活していくなんて

 

絶対考えちゃダメですよ。

 

 

 

 

 

仮に、一生労働収入で生活することになっても

 

ほかの手段を考え、そして実行すること。

 

 

 

 

 

基本的に何事も

 

とりあえずやっていけば

 

何とかなるわけですから。

 

 

 

 

 

で、一度なんとなくでも始めてしまえば

 

なんとかしてやろうと思って

 

頑張りますから。

 

 

 

 

 

死にたくないから

 

とりあえず必死に努力する。

 

 

 

 

 

物凄いシンプルな話。

 

 

 

 

 

なので、しっかりと未来の自分のために

 

確実にいま自己投資をしていってください。

 

 

 

 

 

特にまだ若い人。

 

まだ学生の人。

 

 

 

 

 

ブレーキかけずに

 

とにかく前に進んでください。

 

 

 

 

 

 

どんどん自己投資してください。

 

どんどん学びにお金をつぎ込んでください。

 

 

 

 

 

学びは一生残ります。

 

消耗品じゃありません。

 

資産になるんです。

 

 

 

 

 

        投資先を変えるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知識とか情報とかって

 

やっぱり目に見えないものなので

 

価格相当の価値があるのかいまいちわかりません。

 

 

 

 

 

高額塾とか

 

たくさん見てきましたが

 

それらが嫌悪されるのも無理ありません。

 

 

 

 

 

目に見えないのに

 

なんで100万円も払わなきゃいけないの!?

 

 

 

 

 

そう思うのも無理はないです。

 

 

 

 

 

ん?

 

ちょっと待ってよ。

 

 

 

 

 

じゃあ、今まで通ってきた学校は

 

どうなるの?

 

 

 

 

 

あれも言ってしまえば

 

高額塾でしょ?

 

 

 

 

 

大学なんてそうじゃん。

 

1年間で100万円の高額塾と同じです。

 

 

 

そう。

 

 

 

結局みんな知識や情報に

 

お金は使ってるんです。

 

 

 

 

 

その方向性を変えれば

 

その分だけ自分の人生を変わっていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

多くの人が大学に行くから

 

多くの人が会社員になってるだけ。

 

 

 

 

 

ここもシンプル。

 

 

 

 

 

お金を使う場所が変われば

 

人生が変わります。

 

 

 

 

 

本当にそうなんです。

 

 

 

 

 

振り返ってみてください。

 

あなたの人生で大きく変わった要因って

 

多くが【関わる人間が変わった】から

 

だと思うんですよ。

 

 

 

 

 

今回の話で言えば

 

情報源によって大きく人は変わる。

 

 

 

 

 

地元のクラブチームなのか

 

バルセロナで学ぶのか。

 

 

 

 

 

別に同じコートで練習したとしても

 

大きくスキルっていうのは変わるじゃないですか。

 

 

 

 

 

それは指導者の力量の差。

 

情報源の差なんですよ。

 

 

 

 

 

それだけで人生は変わるんです。

 

 

 

 

 

もっと細分化して

 

「じゃあ、本当に信用できるところはどこなの?」

 

という質問に対しては、明確には

 

ここで述べられないです。

 

 

 

 

 

いろんな要因が折り重なって

 

初めて判断できるわけなので。

 

 

 

 

 

ただ。

 

 

 

 

 

一つだけ伝えるとしたら

 

「稼ぎ方だけ教えてくれるところはダメ。」

 

という事。

 

 

 

 

 

それでは、また。