一直線に努力をしよう

こんにちは、いくみです!

 

 

 

 

 

遠回り大好き!!

 

 

 

 

 

極端に言うと

 

こんな感じの努力をしている方が

 

めちゃくちゃ多いように感じます。

 

 

 

 

僕は

 

これはもったいないと思います。

 

 

 

 

 

今回は、その実態を探るとともに

 

この記事を読んだあなたには

 

確実な努力をしてもらい

 

成果を出していただこうかなと思います。

 

 

 

 

 

それだは、スタート!!

 

 

 

  1. 遠回りは疲れる
  2. 「失敗は経験になる」
  3. 基準値の違い
  4. 夢を持つ若者が少なすぎる

 

         遠回りは疲れる

f:id:ikumi1204:20160919163509j:plain

 

 

ハチャメチャな努力をしていると

 

とにかく遠回りになります。

 

 

 

 

 

で、遠回りするって

 

ふつう疲れますよね。

 

 

 

 

 

本当だったら

 

もっと短く済むところを

 

めちゃくちゃ時間をかけて

 

歩んでいってしまう。

 

 

 

 

 

例えば

 

 

「俺は名前は”遠回り・大好き男”!

 

どこに行くにしても遠回りしていく!!

 

 

韓国に行くなら船で行くし

 

アメリカに行くなら車で行くし、

 

イギリスに行くならチャリンコで行くんだ!!」

 

 

みたいなやつ。

 

 

 

 

 

本当に的外れな努力というか

 

「それ絶対にゴールに届かないじゃん!!」

 

って感じ。

 

 

 

 

 

ただ、どの業界を見てもそうですが

 

8割くらいは、あの男のようになっています。

 

 

 

 

 

結構、真面目に。

 

 

 

 

 

さっきの男みたいに

 

何も考えずに進んでしまうと

 

めちゃくちゃただの無駄な努力に

 

終わってしまうんです。

 

 

 

 

 

実際、あの男のルートだと

 

韓国なら何とか行けても

 

アメリカやイギリスは確実に到着しません。

 

 

 

 

 

何の意味もなかったわけです。

 

 

 

       「失敗は経験になる」

f:id:ikumi1204:20150330100528j:plain

 

 

よく

 

「失敗は経験になる。」

 

みたいなことを言う方いますが

 

皆、言葉の意味をはき違えてる。

 

 

 

 

 

もちろん、成功よりも

 

失敗から学べることの方が

 

大きいのは事実です。

 

 

 

 

 

失敗したことで

 

自分の改善点が浮き彫りになるから

 

そいつらをひたすら潰していく。

 

 

 

 

 

当然、自分のできないことが

 

できるようになれば成長できますよね。

 

 

 

 

 

てなわけで

 

失敗することはいい経験です。

 

 

 

 

 

ただし、

 

改善したときに限ります

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

「経験したこと自体に満足する人が多すぎる問題」

 

が発生しているんです。

 

 

 

 

マジで多い。

 

 

 

 

 

言ってしまえば

 

成功しなきゃ

 

失敗が良い経験になったとは言えない

 

わけですよ。

 

 

 

 

 

成功して初めて経験になるのに

 

何も達成しなかったら、ただの無駄時間です。

 

 

 

 

 

ただの無駄努力です。

 

 

 

 

 

それでも行動することに満足する。

 

 

 

 

 

それっていうのも

 

人間って新しいこと・日常からかけ離れていることを

 

経験すると、ドーパミンが出て、モチベがアップします。

 

 

 

 

 

だから、別に成果が出なかったりしても

 

結構、満足しちゃう生き物なんです。

 

 

 

 

 

よくできてますよね。

 

 

 

 

 

だから、基本的には

 

成果を出すとか、他の人より成功するっていうのは

 

出来ないことなんです。

 

 

 

 

 

          基準値の違い

 

f:id:ikumi1204:20200303134657j:plain

 

 

基本的に、人間は行動するだけで

 

満足してしまうので、成果を出すまでやる方は

 

めちゃくちゃ少ないです。

 

 

 

 

 

イタリアの経済学者

 

ヴィルフレド・パレートが発見したべき乗則

 

パレートの法則】がいい例です。

 

 

 

 

 

簡単に言えば

 

8割の人間は平凡に終わり

 

2割の人間は非凡になる

 

という法則です。

 

 

 

 

 

もちろん経験則に近いモノなので

 

確実性があるかといったらそんなことはありませんが

 

周りを見渡して成功している人がいるかって言ったら

 

そんなことないじゃないですか。

 

 

 

 

 

それがいい証拠です。

 

 

 

 

 

成功しないのが当たり前なんです。

 

 

 

 

 

じゃあ、そんな当たり前の中でも

 

壁を突き破って、成功する人間は

 

どんなやつなのか??

 

 

 

 

それは、基準値が人よりも

 

何倍も何十倍も高いわけなんです。

 

 

 

 

 

だって、そうですよね。

 

 

 

 

 

ふつうだったら行動するだけで

 

「うわ〜!いい経験した〜!」

 

みたいになって、家でぐっすり寝て、

 

つぎの日は元の生活みたいな。

 

 

 

 

 

そんなものなんですよ。

 

 

 

 

ただ、何かで成果を残す人間は

 

行動するだけじゃなくて、成果が上がるまで

 

もっと言えば、自分の理想・夢を叶えるまで

 

ずっと動き続けるわけです。

 

 

 

 

 

 

んで、それがまた

 

理想とか夢っていうのが

 

基本的にスケールがバカでかい。

 

 

 

 

 

だから、結果として叶えていくまで

 

クソ長いけど、その分

 

「まだまだだな!もっと改善しないと!!」

 

って長期的に物事を考えられる。

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

一点集中で、継続的に取り組んでいけるし

 

それゆえに、成功していく。

 

 

 

 

 

つまり、

 

成功する人間は

 

理想や夢がめちゃくちゃ大きい

 

です。

 

 

 

 

 

で、さらに掘り下げていくと

 

成功している=理想が大きい

 

なら

 

 

 

 

 

成功していない=理想が小さい

 

という事になります。

 

 

 

      夢を持つ若者が少なすぎる

f:id:ikumi1204:20200303141712j:plain

 

 

これは実際そうで、

 

僕たちの周りを見渡しても

 

夢なんて語ってる人いないじゃないですか?

 

 

 

 

 

仮に夢とか理想を語っていたとしても

 

「俺は公務員でいいかな〜。安定してそうだし。」

 

みたいな感じで、めちゃくちゃスケールが小さいわけですよ。

 

 

 

 

 

「いや、あなたは今まで公務員になるために

 

学校に通っていたんですか??笑」

 

っていう。

 

 

 

 

 

この「夢を持てない若者が多い」問題に関しては

 

何度もお話ししていますが、

 

これからも何度も伝えていくつもりです。

 

 

 

 

 

本当だったら、

 

もっとこうしたいのに。

 

 

本当だったら、

 

こうなればいいのに。

 

 

 

 

 

絶対、誰しも心の中に抱えている夢って

 

あると思うんですよね。

 

 

 

 

 

それを持ってるなら

 

せっかく人生1度キリなんだし

 

挑戦しようぜって。

 

 

 

 

 

夢を追いかけられないって

 

自分自信に素直になれていないのと同じわけです。

 

 

 

 

 

素直になれば夢だって追いかけられる。

 

素直になればもっと理想を大きくできる。

 

素直になれば絶対に自分なら出来ると思える。

 

 

 

 

 

何事も素直が一番!!

 

って子供に言ってる大人が

 

一番素直じゃないって

 

それでいいのかな。

 

 

 

 

 

就職して夢が叶いますか?

 

就職して、世界一周できますか?

 

そんな時間ありますか?お金はありますか?

 

 

 

 

 

ないじゃないですか?

 

 

 

 

 

就職して夢が叶ってる人間なんて

 

見たことありませんし、

 

理想の生活を送っている人間も

 

見たことありません。

 

 

 

 

 

仮に収入が高い会社員でも

 

時間に縛られているから

 

全然自由な生活じゃないんです。

 

 

全然、理想の生活じゃないです。

 

 

 

 

 

最近は年金問題や終身雇用問題とか

 

いろいろめんどくさいことが重なってて

 

 

「対策したほうがいいんじゃないか?」

 

 

って騒がれていますが、

 

僕は対策はできないと思っています。

 

 

 

 

 

なんでって、

 

落ちるところまで落ちると

 

這い上がることはできないので。

 

 

 

 

 

例えば、末期がんとかそうじゃないですか。

 

 

 

 

 

がんになってから医療保険に入っても

 

意味ないですし、抗がん剤治療をしても

 

もう手遅れなわけです。

 

 

 

 

 

対策できないものは対策できません。

 

 

 

 

 

そうじゃなくて

 

そうやって死ぬ瞬間に後悔しない人生を

 

送ることが大切だと僕は思います。

 

 

 

 

 

別に、いくら今日が嫌な日でも

 

いくら明日が不幸でも

 

人生振り返ったときに満足だったら

 

いいじゃないですか。

 

 

 

 

 

じゃあ、逆に想像してほしいんですけど

 

失敗して嫌な経験をするのを避けて

 

自分のしたいことを避けていって

 

何もなく人生終わるのってどうですか?

 

 

 

 

 

一番それが後悔すると思いますよ。

 

 

 

 

 

よく言われることで

 

「やった後悔より、

 

やらない後悔」

 

 

 

 

 

後者の方が断然、後悔は大きいわけです。

 

 

 

 

 

なので、せっかくこの記事で

 

僕に出会えたわけなので

 

自分の叶えたい夢っていうのを

 

もう一度、設定してください。

 

 

 

 

 

それも、

 

めちゃくちゃスケールの大きい夢を。

 

 

 

 

 

そうすれば

 

失敗したときもそれで満足せず

 

改善点を見つけて成長に繋げられるはずです。

 

 

 

 

 

そして、ブレずに継続的に成長していけば

 

絶対に夢っていうのも叶っていくわけです。

 

 

 

 

 

人間は想像できるものを

 

現実に起こすことができるので。

 

 

 

 

 

ぜひ、いい報告お待ちしております。

 

 

それでは、この辺で。